○宮城県植物目録2000のご案内

 

宮城県の植物目録は昭和10年(1935)青森営林局の村井三郎氏により纏められた「宮城県植物目録」以来発行されていませんでした。昭和52年(1977)に植物目録小委員会を設け、さらに昭和63年(1988)に宮城県植物誌編集委員会を立ち上げ、東北大学、東北大学植物園並びに宮城植物の会会員の個人所蔵標本を検討しました。その結果をもとに所蔵さく葉標本を基準として作成されたのが宮城県植物目録2000です。
宮城県に分布するコケ植物597種、シダ植物231種、裸子植物31種、単子葉植物790種、双子葉植物離弁花類1,065種、合弁花類651種、合計3,365種の産地名が記述されています。また、宮城県を地質、地形、地史、気候などを基準として5地域に区分し、地域区分ごとに産地が記載されています。
この植物目録を基準にして宮城県のレッドデータブックが作成されています。宮城県の植物を知る基本図書の一つです。

A4版400頁、限定1,000部、頒布価格は4,000円 → 3,160円(印刷実費・送料を含む)

お申し込みは、住所、氏名、連絡先電話番号を明記の上、info@miyagi-syokubutsu.orgまでメールをお送り下さい。



○宮城の植物37号発行のお知らせ

 

※「宮城の植物」のバックナンバーをご希望の方は、有料(1部1,000円+送料)でお分けいたします。住所、氏名、連絡先電話番号を明記の上、info@miyagi-syokubutsu.orgまでメールをお送り下さい。

なお、創刊号から最新号の目次は、こちらから確認するする事ができます。

「宮城の植物」は、宮城植物の会が年1回発行する会誌です。
植物に関する研究論文、資料、短報(採集記・観察記録等)、随想、観察会記録等が掲載されています。
会員であればだれでも投稿することができます。

目 次
菊池多賀夫前会長を悼む 内藤俊彦 1
お別れのことば 上野雄規 2
新会長挨拶 高橋和吉 3
講演記録 日本の屋敷林景観 -類型化と文化景観的特性を中心として 三浦 修 4
研究ノート 宮城県亘理郡亘理町の東日本大震災の津波により海水の浸入した水田の植生 内藤俊彦 15
大津波後の名取市美田園調整池Aの植物(藻類含む) 杉山多喜子 19
牡鹿半島における林床植物の葉の矮小化 下山祐樹 24
宮城県のサクラバハンノキの分布と生態 滝口政彦・上野雄規 27
ヨコグラノキの北限地帯における生育地の調査報告 滝口政彦・上野雄規 32
随想 木村中外 40
学習ノート 中性花 木村中外 41
観察会記録
平成23年度
熊ヶ根(仙台市)[里山の植物] 42
栗駒・花山周辺[山地の植物] 46
外山[秋の里山] 52
小牛田農林学校林[秋の里山] 56
トウヒレン属&アザミ属観察会報告(23.11.23) 国京潤一 61
記事 岡崎キヌさんを悼む 飯田敞子・渡辺啓子 65
2011年度事業報告・役員名簿・役割分担 庶務 66
宮城県植物誌編集委員会活動報告-1 宮城県植物誌
編集委員会
71
宮城県植物誌編集発行計画の概要 宮城県植物誌
編集委員会
73
会員名簿 75
編集後記 76
宮城の植物36号の訂正 76